日々の写真はPHOTOHITOで&旅の写真はPanoramioでも公開しています。
  写真素材 - フォトライブラリー

2020年09月19日

オーバーインフのレンズを調整

先日、サブ機として使用していたオリンパスのE-PM2が突然電源が入らなくなったので、


代わりとしてパナソニックのGF9を購入した。



 


サブ機は基本的にLAOWAの7.5mmを着けっぱなしにしているのだが、


このレンズの予てより懸案事項だったオーバーインフ(オーバーインフィニティ)を、


カメラが新しくなったこの機会に調整してみた。


(オーバーインフとは、マニュアルレンズのピントリングを無限遠方向いっぱいまでに


回すと、ピント面が無限遠を超えて、ボケボケ写真になるという現象)


 


今回もレンズの分解が伴うので、真似してみようという奇特な方は、


くれぐれも自己責任でお願いします。


 



まずは、マウントのネジ4本を外します。


ネジはちっさいので紛失に注意です!


 


ネジを外すとマントがごそっと取れます。



 


マウントが取れたレンズ



 


次に調整用のマウントとレンズの間に入れるスペーサーを制作


制作方法は、まずはマウントのネジが入る場所の外径と内径をノギス等で計測し、


ビニールシートまたは樹脂シートをサークルカッターで切り出します。


今回調整用に試したシートの厚みは0.2mm、0.1mm、0.05mmで


最終的には、0.05mmのシートで無限遠がでました。


厚いのから試していったので、何度もシートを切り出してはマウントの分解、組立、


試写を繰り返してしまいました。いろいろな厚みを試さないといけないので


なかなか面倒な作業だし、マウント内部にゴミが入るリスクもあるので


試す方は注意してください。


 


サークルカッターで切り出した、0.05mm厚のスペーサー


(いろいろなビニールシートをノギスで計測して選定しました)



 


スペーサーにネジの通る穴を開けてレンズに載せます。ネジが通る穴はキリで開けました。



 


後はマウントを乗せて、均等に4本のネジを締めれば完成です。


(ネジが片締めになると、マウントが斜めになって、カメラに取り付けの際も


斜めになるので、ネジの締め付けは十分注意してください。)


 


 


ご覧いただき、ありがとうございます<m(__)m>


 


それでは、また(^^)/

posted by しるびあ♪@ at 00:24 | 茨城 ☁ | Comment(0) | 機材その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去記事
2008年10月11月
2009年3月4月5月6月7月8月9月10月
2010年1月4月5月6月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月5月7月8月9月10月11月12月
2013年1月3月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月8月9月10月11月12月
2017年1月3月4月5月6月7月8月10月11月12月
2018年1月2月3月4月6月7月9月10月11月12月
2019年1月3月