日々の写真はPHOTOHITOで&旅の写真はPanoramioでも公開しています。
  写真素材 - フォトライブラリー

2020年06月29日

EF-MFT マウントアダプタ改造

マイクロフォーサーズのボディーにキャノンEFマウントのレンズを

取り付けAFや絞り調整ができるマウントアダプタ


KIPON製の製品を使っているのだが、Panasonicのボディだと

普通に使えるのに、オリンパス無印E-M1、E-M1 MarkUに付けると、

液晶がブラックアウトして、認識しないという症状がでるので、調べてみたら、

オリンパスのボディに取り付けると、

ボディのレンズロックピンがマウントアダプタ側の穴にちゃんと入らないという

事象があるらしく、リューター等で削ってマウントアダプタ側の穴を

大きくすれば認識する可能性があるということを発見!



マウントアダプタ


この子です。



んで、マウントアダプタ側のレンズロックピンが入る穴がこれ


写真のちょうど中央シルバーの穴

(穴の中はほんとは黒く塗装されていたが、写真はすでに削った後です。)

んで、リューターでガーーーーーーーーーーーーーっと



リューターとはこれ



んで、結果E-M1 MarkUでEFレンズがちゃんと認識するようになりました!

AFも絞りも制御OK(^^♪



因みに棒ヤスリ等でも、地道にがんばれば穴を広げることは可能かと思います。

多分こんなのとかで行けると思います。


オリボディでマウントアダプタを認識しない方は、レンズをちゃんと取り外してから、

挑戦してみてください!(くれぐれも、自己責任で自信のない方は、

購入元に連絡して、交換してもらってください)



さて、これでマイクロフォーサーズでもαマウントでも、

EFレンズが使えるようなりました( *´艸`)

レンズ何買おう(^^ゞ





ご覧いただき、ありがとうございます



それでは、また(^^)/
posted by しるびあ♪@ at 12:00 | 茨城 ☁ | Comment(0) | 機材その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去記事
2008年10月11月
2009年3月4月5月6月7月8月9月10月
2010年1月4月5月6月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月5月7月8月9月10月11月12月
2013年1月3月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月8月9月10月11月12月
2017年1月3月4月5月6月7月8月10月11月12月
2018年1月2月3月4月6月7月9月10月11月12月
2019年1月3月