日々の写真はPHOTOHITOで&旅の写真はPanoramioでも公開しています。
  写真素材 - フォトライブラリー

2020年07月22日

面白道路標識(^^ゞ

近所にある道路標識


ハト。。。



因みに近くにハトは飛んでません(笑)


 


雨降りでネタがなかったので(^^ゞ


 


ご覧いただき、ありがとうございます<m(__)m>


 


それでは、また=3

posted by しるびあ♪@ at 21:43 | 茨城 ☔ | Comment(0) | etc。。。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

蓮の花

写真撮影に行けてないので、久しぶりに更新です(^^ゞ


 


昨日日曜日、久しぶりに風もなく天気が良かったので、


朝5時起きして、近所のレンコン畑へ蓮の花を撮影に行ってきました(^^♪


 


花の咲き具合は、1部から2部咲き程度ってところですかね


 


では、写真多めで


注意:画像をクリックするとオリジナルサイズの画像が別タブで開きます。(オリジナルサイズ約30M)


画像サイズが大きいので、完全に画像を読み込むまでに時間がかかる場合があります。


(ボケている写真も気長に待てば、きれいに表示されます)


 



 



 


前ボケを使って



 


つぼみを



 


下から



 


花粉を集めるハチさん、体中に花粉が、そして足には塊も



 


ピンク系を



 


おまけで生き物シリーズ


アオサギ



 



 


クモ



 


最後はしずくで



 


α7RUにTAM 70-180mm、解像度すごいですねΣ(・□・;)


とりあえず、等倍干渉が楽しい(笑)


 


 


蓮の花まで距離があっても、解像度がいいので蓮の花が小さく写っても


見れるのですが、次はE-M1 UにLeica 100-400mmで晴れた日に


撮影に行ってみたいと思います。


 


 


ご覧いただき、ありがとうございます<m(__)m>


 


それでは、また(^^)/

posted by しるびあ♪@ at 23:26 | 茨城 ☔ | Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

コニカARマウントレンズを改造してE-500にマウント

E-500を使用しようね企画といことで、


今回は久々にコニカARマウントレンズを改造して、フォーサーズにマウントしちゃおぉ


という記事


 


まずコニカARマウントとは、昔々コニカがフィルムカメラを出していたころの


レンズマントの名称で、レンズ名はヘキサノンと言う。


(ヘキサノンはオリンパスで言うズイコー)


 


コニカARマウントをフォーサーズマウントにマウントするというのは、


オールドレンズを現行の機種にマウントするという走りで、コニカARとフォーサーズで


フランジバックが同じくらい(コニカARが40.5mm、フォーサーズが40.0mmらしい。。。)


ということで、その昔流行っていた改造。


現在主流のマイクロフォーサーズマウントはフランジバックが短いので、ARマウントを


そのままマウントできるアダプターが出ている。ので、改造しなくてマウントできる。


アダプターはこんなのとか




 


さてそれでは、改造と言うほどでもないけど、とりあえずやってみますか。


 



本記事はレンズを分解するので、実践するとレンズが壊れて元に戻らないことや、


ピントが合わなくなる、絞りが動かなくなるという事象が発生することがあります。


改造はくれぐれも自己責任で、自力でレンズを治せる人以外は分解は辞めましょう。



 



今回、フォーサーズマウントにマウントするレンズは、防湿庫から引っ張り出してきたこの子





コニカ ヘキサノン AR 52mm F1.8



 



ARマウントは、マウント自体は何もしなくてもフォーサーズマウントに



そのままマウントできるのだが、そのままマウントしようとすると、



絞り羽をコントロールするレバーが、フォーサーズボディでは干渉してしまうので、



そいつを取り外してやることでマウントできるようになるのです。



写真中央にある出っ張りが絞りコントロールのレバー





 



では、まずはマウント部にあるネジ4本を取り外し、マウントを持ち上げるとマウントが抜ける





 



マウントを抜くと、コントロールレバーを留めているネジが見えるのようになるだが、



レンズが邪魔で、ネジを回すことができないことに気が付く。



 



なので、レンズも外しちゃう(;^ω^)



レンズの先端部をつまみ、のの字と反対に回すと、簡単に外れた!





中に絞り羽が見える。



 



レンズが外れると、絞り羽をコントロールするレバーのネジが回せるようになる。



写真中央の黒いネジがコントローラレバーを固定しているネジ





こいつをネジを緩めて外して、最初に外したマウントを乗せ、



ネジ4本をしっかりと均等に締める。



 



そして、最後に、絞りコントロールレバーのガードをネジ3本緩めて、取り外す。





ハイこれで、完成(^^♪



 



あとは、フォーサーズボディにマウントするだけ(^^)/





レンズの向きが変だけど、サイズ感はいいですねぇ!満足!



 



因みに、レンズをマウントすると緩い場合があるので、その場合は、



以下デジカメWatchの記事を参照して、調整してみてください。



https://dc.watch.impress.co.jp/cda/labo/2008/02/28/7994.html



 



それでは、オールドボディでオールドレンズライフを楽しんでください♪



 



 



ご覧いただき、ありがとうございます<m(__)m>



 



それでは、また(^^)/

posted by しるびあ♪@ at 21:49 | 茨城 ☁ | Comment(0) | ARマウント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

Mount the ZD 14-54mm F2.8-3.5 U on the E-500

先日、ZD 14-54mm F2.8-3.5 Uがどうしても使えるボディがほしいほしい病になって、




E-M1 Mark Uを購入したが、



実際ZD 14-54mm F2.8-3.5 Uが使えるボディがないわけでもないので、使ってみた(^^ゞ



 



使用したボディはE-500Σ(・□・;) お気に入りのシルバーボディ





発売は2005年11月らしい(笑)古いですねぇ



撮影素子はE-300と同じコダック製800万画素フルフレームCCD



青空を撮影すると青がきれいなことから、コダックCCDで撮影した青空は



コダックブルーと呼ばれている。



 



注意:画像をクリックするとオリジナルサイズの画像が別タブで開きます。(オリジナルサイズ約30M)



さて、では本日持ち出して撮影した写真でも(何も弄っていない撮って出しJPEG)



夕焼けなのでコダックブルーではないが。。。(笑)いつもの霞ヶ浦に土浦市街、筑波山





 





 





 



おまけで愛車と月





 



ご覧いただき、ありがとうございます<m(__)m>



 



それでは、また(^^)/

posted by しるびあ♪@ at 22:18 | 茨城 ☀ | Comment(0) | ボディ オリンパス ★E-500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去記事
2008年10月11月
2009年3月4月5月6月7月8月9月10月
2010年1月4月5月6月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月5月7月8月9月10月11月12月
2013年1月3月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月8月9月10月11月12月
2017年1月3月4月5月6月7月8月10月11月12月
2018年1月2月3月4月6月7月9月10月11月12月
2019年1月3月