日々の写真はPHOTOHITOで&旅の写真はPanoramioでも公開しています。
  写真素材 - フォトライブラリー

2019年06月01日

ゴールデンウィークに華厳の滝と日光東照宮に行ってきた話 その2

だいぶ間が空いたがつづきを。。。

陽明門をくぐり抜けた先にあるのが、東照宮の最も重要な本社への正門の唐門(国宝)
正面左右の柱には貝殻をすり潰して作られた「胡粉(こふん)」がコーティングされているそうです。
P4291322_Original.jpg

唐門を横に見ながら奥へ進んでいくと、東回廊の出入り口があります。
ここの頭上には、かの有名な眠り猫(国宝な猫)がいます。
P4290205_Original.jpg
左甚五郎作と伝えられています。牡丹の花に囲まれ日の光を浴び、うたたねをしているところから「日光」に因んで彫られたとも言われているそうです。

眠り猫をくぐり抜け振り向くとそこには。。。
P4290212_Original.jpg
すずめがいます。
天敵の猫のうらにすずめとは驚きΣ(・□・;)

さてすずめを過ぎるとこの先は奥宮
207段の石段を登っていきます。
P1070582_Original.jpg
子供たちは階段の段数を数えてました(笑)

階段を登りきった先には、家康公のお墓が
P4291328_Original.jpg

宝塔と桜
P4290224_Original.jpg
お墓の周りは1週することができるので回ってみました。
途中、叶杉があります。

お墓を1周してお参りしたら、来た石段を下っていきます。
下り終え眠り猫をくぐり抜けたところで、回廊で一休み
お酒がいっぱりありました。
P4290237_Original.jpg

休憩後、唐門の先にある神輿舎(しんよしゃ)へ
中には神輿が3基
P4291332_Original.jpg

P4291333_Original.jpg

神輿舎を後に陽明門を抜けて、右手に薬師堂(本地堂)が
ここには天井に”鳴き龍”と称される龍画が描かれています。
P4290252_Original.jpg
中は撮影および録音が禁止なので鳴き龍はなし(≧◇≦)

鳴き龍を聞き終えたところで、見所は終了
後は出口へ向かいました。

昼飯も食べずに東照宮に没頭していたので、出口を出たとたんにお腹が鳴きだしました(笑)
出口を出て最初の食事処ということで「きしの」へ
ゆばそばをいただきました。
P4290266_Original.jpg









最後に1枚
東照宮の一番の見どころ、逆立ちをする狛犬
P4291349_Original.jpg
何処にいるかは、皆さん探してください(^^ゞ
posted by しるびあ♪@ at 21:58 | 茨城 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去記事
2008年10月11月
2009年3月4月5月6月7月8月9月10月
2010年1月4月5月6月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月5月7月8月9月10月11月12月
2013年1月3月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月8月9月10月11月12月
2017年1月3月4月5月6月7月8月