日々の写真はPHOTOHITOで&旅の写真はPanoramioでも公開しています。
  写真素材 - フォトライブラリー

2014年06月03日

G-SHOCKの衣替え

先日オークションでG-SHOCKのフランスワールドカップ記念モデル DW-6900WF-7T

手に入れましたので、お気に入りのG−SHOCK DW-6900H-4とモジュールを入れ替えてみました。

(モジュールの入れ替えは分解を伴います。分解しますと気密性能等に影響がでる可能性がありますので

分解は自己責任で故障を覚悟の上でお願いします。分解によって受けた損害は当方では保証しません)

 

因みにうちのDW-6900H-4はすでに液晶部とベルトは他のG-SHOCKから移植したものになっています(笑)

140602_224649_P6027009_E-510

 

元々のDW-6900H-4

 

手に入れたフランスワールドカップ記念モデル DW-6900WF-7T

140602_224137_P6027005_E-510

電池は切れていました。

 

とりあえず分解、まずは裏蓋のネジを4本外し裏蓋を取る

140602_224856_P6027011_E-510

140602_225146_P6027014_E-510

ここに電池が入っています。

Oリングは蓋の方についています。

 

液晶部分を取り出し(下に向けたりすれば簡単に出てきます)、両サイドについているボタンの片側のみを外します。(片側だけ外せばカバーは取り外せます)

ボタンは小さい小さいEリングではまっています。Eリングは爪で押し出せばとれました。

140602_225434_P6027015_E-510

 

Eリングが外れれば、ボタンは引き抜くだけです。(引き抜く際中に小さいワッシャーやOリング2個、バネが入っているので注意)

ここまでくればカバーは簡単に外れますので、軽く掃除をして入れ替えたいカバーと交換するだけです。

 

外した部品

140602_225855_P6027019_E-510

 

組み立ては逆順で、ボタンを入れ(子部品の入れ忘れに注意)、Eリングを取り付ける。(失敗するとEリングはすぐに飛んで行くので注意、

数回飛ばして見つけるのに四苦八苦しました(笑)) Eリングは精密のマイナスドライバで押し込む感じで入れました。

後は液晶部を入れて、蓋をするだけです。(最初、液晶部と裏蓋の間の板パッキンを入れ忘れたのですがイルミが点灯しませんでした(^^ゞ)

裏蓋をする際はOリングに気を付けてください。これがずれていると水が浸入します(;゚Д゚)

 

んで、衣替えしたDW-6900H-4

140603_001236_P6037025_E-510

文字盤がシルバーになり、イルミボタンもメッキになりました。これで4個1になった(^^)

 

ワールドカップモデルのDW-6900WF-7T

140603_000731_P6037022_E-510

新品の電池を入れ時計として復活

黒い文字盤になって引き締まったか?

 

さてさてG-SHOCKの分解はなかなか簡単ですが、気密性の問題もあるのでお勧めはしません(^^ゞ

しませんが。。。オリジナルのG-SHOCKができるので完成すると満足度は高いです(^^♪

posted by しるびあ♪@ at 23:12 | 茨城 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | etc。。。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去記事
2008年10月11月
2009年3月4月5月6月7月8月9月10月
2010年1月4月5月6月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月5月7月8月9月10月11月12月
2013年1月3月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月
QLOOKアクセス解析